川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

戦慄の神像


川田武氏の第二長編です
無名の新人が衆院選の奈良選挙区でトップ当選し、未開発地域の開発計画を発表するとまるで教祖のごとく信者が集まり始める
なんとなく昨今でも聞いた話ですねw選挙で頓挫してしまったようですが
これは伝奇SFで藤氏一族の謎に迫った作品です
大化の改新で後の天智天皇となる中大兄皇子と手を組んだと言われる中臣鎌足
いわゆる藤原鎌足ですが、この人物の出自が全くの謎なのです
何処から来て、そもそも何者なのか?
そして全国の藤がつく苗字はこの藤原姓から発生しており、その助けを借りて藤原一族の血脈が蘇るという、なかなか大がかりなストーリーです
作者の川田武氏は「クロマキーブルー」という短編でデビューしました
短編集「ピラミッドの日」第一長編「闇からの叫び」そして本書
ただ、この後ぷっつりと作品を書いていません、確かノベライズか何か一つか二つ書いた程度
何か心境の変化があったのかもしれませんが、もっと作品を発表して欲しかった作家の一人です
絶版ですがかなりの数が出回っているので入手は困難ではないでしょう
三冊ともすべて読みごたえがあります


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。