川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

死の泉

読むのに体力がいる本です
でも読み進めるうちに背筋が凍りそうになります
ドイツが舞台なので関係ないけど、ついつい漫画「モンスター」がダブってきましたw
第二次世界大戦下、ドイツには生命の泉(レーベンスボルン)という施設がありました
そこは未婚のまま妊娠した女性が安心して子供が産めるという場所
ミステリーなので詳しく書くとネタバレとなってしまうので怖いのですが、タイトルを見てください。生命の泉のはずが死の泉でしょ
もうこれだけでもそそられてきます
本書は吉川英治文学賞を受賞
著者の皆川氏1930年生まれ85歳の現役作家です
天晴!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。