川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

あぶくの城

フィリップ・K・ディックの研究本
ディックの研究本は多数出ていますが、これが一番簡潔でいいですね
筆者も山野浩一氏、森下一仁氏、巽孝之氏など多彩ですし、さらには「異星人マインド」(仁賀克雄訳)という短編が一作おさめられています
この本の特徴は日本で出版された際の表紙写真が添えられていること
特にハヤカワSFシリーズ版はセンスがいいですねえ
「逆まわりの世界」とか「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」とか
個人所有の表紙写真が掲載されていますが、ディックのハヤカワSFシリーズ版は私は一度も古書店でも見たことがないので羨ましい
でも、この本のおかげで見ることが出来て嬉しいですね
思えばサンリオ版も今となっては幻だから、なかなか見ることが出来ないのかも
サンリオ版も古本屋になかなかおりてこないしね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。