川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

猫の首

にゃんともまあ、可愛い猫の表紙
しかし、猫好きの方はこの小説は読まない方がいいですw
「日本沈没」「復活の日」などで知られる小松左京氏
やはりこの人は大長編の方が読ませる技量を持っています
しかし、本書のような短編集やショートショート集も多数刊行されています
でも、やはり大長編作家のイメージが強いせいか、こういう作品集は陰ひなたで咲く花となってしまっているのもたしか
そして、大きなインパクトを植え付ける短編と言うのもすぐに思い浮かばないのですよね
たとえば、この本の表題作も、結構な恐怖感や不安感を煽っているのに、オチがそれかい!?とか、思わず突っ込まざるを得ないような、なんというか
ショートショートにしても、星新一のキレや筒井康隆の毒やなんかが今一感じられないというか
やはり小松先生は大長編ですよ
中でも「日本アパッチ族」お勧めです
だったら、その本のレビューしろよって話ですよねw
すみません
猫すきなものでw

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。