川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

天皇の刺客

曾我の十郎五郎の兄弟が行った暗殺はクーデターであった、という新解釈で書きつづられた一冊
しかし、この説はかなり昔から言われており(実際に生き残った弟は頼朝の邸で捕えられている)前に紹介した大河ドラマ「草燃える」でもそのように設定されておりました
ただ「草燃える」では北条と敵対する架空の人物が兄弟をそそのかすのですが、こちらはかなりスケールの大きなものとなっています
しかし、みなさん子供の頃見ませんでした?アニメや絵本で、曾我兄弟の仇討
勧善懲悪の教科書のような扱いだった記憶があります
しかし、いつの間にかその姿は薄れてきているような気がします
やはり、確たる証はないまでも、クーデター説が有力になってきたのでしょうかね
著者の高橋直樹氏は他に「平将門」という作品もありなかなか骨太な作品を送り出す人です
これも、映画やドラマにしたいですね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。