川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

ブログ始めました

来る5月3日は第151回天皇賞(春)G1が発走となる
天皇賞馬、これが何ともいい響きであり、私はダービー馬の肩書よりも個人的には天皇賞馬の肩書の方が好きである。
イナリワン、メジロマックィーン、ライスシャワー、淀の坂越え3200メートルを制した馬たちは皆タフでナイスガイな奴ばかり
中でも私が好きだったのがマヤノトップガン、お騒がせジョッキーを背にのせて最後の伸び足で他馬をあっという間に追い抜き、当時のレースレコードをたたき出したその栗毛の馬は、美しくもあり、またタフな奴でもあった。
しかし、子供には恵まれず、あまりG1クラスで活躍する馬を出せないでいる。
しかしそのような状況の中、ムスカテールがメトロポリタンSで久々の勝利!ゴール前は叫んでいたよ「ムスカテール!頑張れ!」て(笑)次は目黒記念とのこと、なんとか頑張ってもらいたい。
さて、昔話はここまでで、今年の天皇賞(春)には荒れそうな気配がある、ゴールドシップはよりによって1番枠に入ってしまうし、有力どころは逆に外枠に固まった。

しかし、この17頭の中に(直前回避のフェノーメノ残念)必ず今年もタフな奴は存在する。混戦と言われる今回ではあるが、一番タフな馬が強い勝ち方で、ゴール後ドヤ顔するところを今年もまた見てみたい。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。