川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

盗まれた街


ハヤカワSFシリーズで0001を記録するジャック・フィニイの「盗まれた街」
これ私が購入した初のSF小説の文庫でもあるのです
中学1年の時でした。それまでは図書室で夏目漱石を読み漁っていた時、新しく同級生になった友人からSFと言うジャンルを薦められ、筒井康隆、星新一、小松左京などを読みながら、自発的に書店で購入したのがこの作品でした
カバー写真はユナイト映画提供とあるので、映画となった「SFボディ・スナツチャー」のスチール写真を使ったものでしょうか
今思えばSFに入り込むには本当にいい一冊を選んだ気がします。
これで記憶に残っているのは「莢」という漢字。この漢字の読みを途中で忘れてしまい、その当時の国語教師に黒板に書いて、この字はどう読むのかと聞いたら、そんな漢字は存在しないと言われましたw
本当に私は教師には大外れで生きてきました(笑)


丸ノ内線と銀座線


レトロな丸ノ内線と銀座線
子供の頃、この丸ノ内線にのって後楽園球場によく行った
当時は日本ハムのファンクラブに入っていて、ほとんどただで試合を見れた
内野スタンドは子供で溢れかえっていた。
そのせいか、オールスターのファン投票で8つのポジション日ハムの選手で埋まってしまって2人辞退した人が出たんだよなあ


どぐされ球団

この漫画は月刊少年ジャンプに連載されていた作品で、同時期に「アストロ球団」という伝説的名作が連載されていたが、私はこちらの方が熱狂的に好きでした
主人公の鳴海真介は甲子園のスターでエースで4番打者でしたが、打席で右手の人さし指が骨折しているのを隠して推定160メートルの大ファールを放ち、その衝撃で指が引きちぎれてしまいます。
野球生命が尽きたかのように思われた鳴海ですが、明王アタックスというプロチームがスカウトに訪れ、たった一度の打席で結果を残さねばならない代打として入団します
他にもオフにはサーカス団に加わる身軽なセカンド、元すりのショート、隻眼で長身のファーストなど登場人物は曲者揃い、そしてそれぞれの人生模様が熱く語られます
中でも打撃投手にスポットをあてた回は涙なくしては語れないほど
冬至の他球団の選手が実名で登場するのも面白く、中日小松と鳴海の対決など手に汗握らせてくれます