川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

友よ、風に抱かれて

「地獄の黙示録」のフランシス・フォード・コッポラ監督作品
これは立派な戦争映画ですが戦争のシーンはわずかしかありません
主演のジェームズ・カーンは士官学校の講師を務める軍人
いわゆる陸軍士官学校的なところは、卒業しただけで士官となり、戦地へ贈られると小隊長となるのですよ、最前線の
いわゆる少尉となって、今まで戦ってきた兵士たちをまとめていくという
まあ、大抵は古参兵士にからかわれ、命令系統も経験値が高い下級兵士が出していたのでしょうが
まあ、簡単に行ってしまうと真っ先に死んじまう役目を担わせられることが多いということです
この映画が上手いところは手にかけた教え子たちが死んでしまうことをこの教官がすべてをうけとめなければならないということ
これで、戦争シーンの少ない見事な反戦映画として成り立っているのです
それにしても
「友よ、風に抱かれて」
誰がつけたんですかねw
ガーデンズ オブ ストーンでいいのに

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。