川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

追いつめる

中学生の頃、チャンドラー、ハメット、マクドナルドなどを読み漁り、高校に行って87分署シリーズにどっぷり漬かっておりました
なぜかなかなか日本のハードボイルド作品に手がでなかったのですが、何がきっかけだったかこの一冊に手を伸ばしたのです
いやあ、面白い、さすがに直木賞とっているだけのことはある
同僚を殺された刑事が妻子とも別れ、単身巨悪に挑んでいく
まさに修羅道
ぐいぐいと引き込まれ読み終わるのに半日かからなかった記憶があります
この本をきっかけに、西村寿行氏、大藪晴彦氏、勝目梓氏なども読むようになりました
色々と今読み返すと時代錯誤を感じるかも知れませんが、昭和の話であると割り切って読むと、若い人でもすんなり読めるかもしれません
今映画とかドラマにしても受けるかも

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。