川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

りびんぐゲーム

これは脚本家デビューして間もない20代の頃、某テレビ局のプロデューサーとなんとかドラマ化できないかと企画を練りました、かないませんでしたが
主人公は特に何も考えないまま、小さな会社に就職した二年目サラリーマン
自身の引っ越しと会社の引っ越しが重なり、自宅から歩いて会社へ行ける距離に、しかし、新築だった会社のビルが地震で傾いてしまい、会社は急きょ主人公が借りたアパートへ引っ越し、主人公は会社に住むという羽目に、さらには女社長の親戚の十代の娘さんが同居することに、それからはラブコメ路線へと走ります
これ、私が何が好きかというと、いい加減に生きてきた主人公が終盤、住む部屋で災難に襲われたおかげで建築という目標に目覚めるところ
住むところも人生の一部と思え!
いい言葉じゃないですか
しかし冒頭で主人公がアパートを借りるシーン
敷金2.5礼金2.5www
今ではありえないですね。バブルでしたねw

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。