川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

T型フォード殺人事件

広瀬正氏唯一のミステリー本、長編1作と短編2作が収録されています
表題作はT型フォードの形状を上手く利用した密室物ですが、ちょっと文章だけだとなかなか理解させるのは難しいかも知れませんね
多少淡泊に感じるかもしれません
むしろすぐれているのは短編「殺そうとした」
自動車教習所の教官が、生徒である主婦と恋に落ちます
主婦の亭主は年齢が10歳も離れたさえない大男
主婦の心に、そして主人公の心に、この余分な亭主を殺してしまおうとの悪意が生まれ始めます
自動車に無知な亭主を新車のルノーをつかって……
広瀬氏はタイトルで損をしていると言われますが、この「殺そうとした」は見事、タイトルも含めて上質なサスペンスとして仕上がっています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。