川上英幸のブログ

脚本家川上英幸がゆるゆると書き残すブログです
主に野球、相撲、競馬、読書、映画関係

真鍋博のプラネタリウム



星新一氏の著作の多くの表紙絵&挿画を描かれた真鍋博氏
その挿画とショートショートの一部を紹介した一冊です
星氏の本では真鍋氏か和田誠氏のイメージがありますね
真鍋氏は以前に紹介したアガサ・クリスティーの表紙も描いており、独特の世界観があるイラストレーターです

これは名作「おーい、でてこーい」の挿画と一文
普通は挿画は小説の味付けのように利用されますが、この本のように挿画を紹介するのに小説が味付けとなっているものは少ないのではないのでしょうか
今後もこういう作品を出版して欲しいですね
筒井さんで言うとやはり山藤章二さんかなw
「狂気の沙汰も金次第」というエッセイ作品はありますが
イラスト中心での筒井作品も見てみたいものです

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。